簡単 さまざまな郵便物の料金も簡単に算出

一体型の電子スケールにより、定形・定形外・ゆうメール (旧冊子小包)、国際郵便 など、さまざまな形や厚さの郵便料金の計算が簡単かつ正確に算出することができます。 配達記録・郵便区内特別郵便物など、各種郵便サービスの郵便料金も即座に計算ができます。

快適 切手貼り付け作業は不要

算出した郵便料金分のスタンプを郵便物に直接プリントするので、切手を貼る手間がなくなります。 切手貼りに費やしていた手間と時間がなくなるので、発送業務がスムーズになることは間違いありません。他の有益な業務に時間を使うことができるようになります。
※機械に通せない大型の荷物などは、シールになっている専用のラベルにプリントしたものを郵便物や荷物に貼り付けるだけで、切手と同じようにあつかうことができます。

快適 経費管理の負担を軽減

切手が必要なくなるので、購入資金としての小口現金や、切手そのものを管理する必要がなくなります。郵便経費として管理しなければならないものが最小限におさえられ、わずらわしい作業を大幅に簡略できます。

便利 部門別の集計をする手間を解消

切部門ごとの件数・金額のデータ収集機能により、どの部門が何通出して、その合計額はいくらになるのかが一目瞭然。月ごとの使用合計額・残額も簡単に確認できます。 利用状況は機器が正確かつ自動で管理するので、わざわざ集計する必要がなくなります。

安心 切手や小口郵便は不要

郵便料金スタンプが切手の代わりになるので、切手や小口現金の用意や管理は不要です。
切手の紛失や私用、在庫不足などのトラブルも一掃。大量の切手を購入するためにまとまった現金を社外へ持ち出すリスクもなくなります。
また、部門集計機能により厳格な経費管理ができ、内部統制の準備につながります。

お得 経理業務の時間を大幅に短縮

切手貼り、郵便経費の管理や記帳といった作業を郵便料金計器が作業者の代わり処理するので、経理業務の時間を大幅に短縮することができます。
人の手に頼っていた作業が一瞬で完了するので、集計作業を日々おこなうことを考慮すれば、管理コストの削減効果は明らかです。

便利 発送料金はまとめて払える一括方式

郵便料金のお支払いは、月末で締めて郵便局に報告し、翌月まとめて支払う一括払いとなります。
郵便料金の残額補充も手間がかかりません。郵便料金計器に組み込まれている通信モデムで電話回線に接続し、ボタンを押すだけ。残高補充は、わずか1分で完了です。
郵便料金改定やソフトウェエアの自動更新も可能にし、常に最新の状態に保つことができます。
(一部有償サービス)

※郵便料金計器別納制度
郵便局に登録した郵便料金計器を使用して、郵便物に料金納付の郵便料金スタンプ (印影) をプリントして差出し、
郵便料金を予納または後納で支払う制度です。

郵便料金計器があれば、社内の郵便費用を一括管理が可能です。
郵便料金計器に搭載されたモデムを使い、データセンターに接続して月額使用郵便料金を確定。
金融機関を通じて支払いができるため、現金不要の安全で効率的な経理事務が実現できます。

ピツニーボウズの「データセンター」について

郵便料金の支払いにかかる手間を省くために、日本郵便の認可により運用されているコンピュータシステムです。
お客さまがご利用の郵便料金計器と、データセンターのコンピュータを電話回線で直接接続して、オフィスから郵便料金の補充ができるようになります。しかも、データセンターと接続するために新しく電話回線を用意する必要はありません。
現在オフィスに設備されている電話、ファクスなどと同じ回線※に接続して使用することができます。
(所要接続時間 約1分)※アナログ回線のみ対応

データセンター しくみ

郵便料金の支払い方法について

  1. 郵便料金の支払い方法は一括後納
  2. 郵便料金使用額の報告
    毎月使用した郵便料金を料金計器計示額報告書に記入して登録局に報告します。
  3. 支払い方法
    • 郵便局窓口払
    • 口座振替
    • 銀行振込

6ヶ月保障について

データセンターを利用する郵便料金計器は、6カ月ごとに登録郵便局の点検を受けることが決められています。

安心 信書便にも対応

信書便の取りあつかいは厳格におこなわれているでしょうか。
ピツニーボウズの郵便料金計器は、日本郵便のサービスに完全対応しているので、安心して信書便を出すことができます。

※「信書」とは、「特定の受取人に対し、差出人の意思を表示し、又は事実を通知する書類 (請求書・会議招集通知・許可書・証明書・ダイレクトメールなど)」と郵便法及び信書便法に定義されるものです。

お得 一般後納や別納より管理コストが低減

一般後納は、発送のたびに郵便種別ごとに差出票を作る必要があり、その管理コストは無視できるものではありません。
別納では、発送したい郵便物が同一料金の必要があります。差出票の作成義務がなく、管理コストをおさえられるのは、郵便料金計器による差出方法のみです。

郵便料金スタンプがあれば、郵便局に提出差出表が不要です。
また、使用した郵便経費はすべてデータ保存されるので、厳密な社内管理帳簿が完成。
一般後納や別納では発送できない特殊な郵便物にも対応しているので、1台で社内全ての郵便物を管理できます。

差出表を提出する必要がなくなります

郵便料金の支払い方法として、「料金後納」「料金別納」を利用されている方が多いかと思いますが、これらはあくまでも“支払いをまとめてできる発送方法”でしかありません。
発送物の重さと、サイズや郵便種で変わる金額を発送のたびに集計し、差出票を作成する手間と時間の問題は残されたままです。
郵便料金計器で郵便料金スタンプが押された発送物なら、郵便局に差出票を提出しなくてすみます。郵便料金計器を使用することで、
わずらわしい集計をする必要がなくなり、経費管理に要する時間を大幅に短縮することができるのです。

郵便経費の正確な管理帳簿が即座に完成

一般後納や別納の場合、差出票の作成に必要な集計だけでなく、経費管理のために必要な集計を部門単位でおこなわなければなりません。
集計作業を2度おこなうときに問題となるのが、その手間と管理コストではないでしょうか。
郵便料金計器なら、郵便料金スタンプをプリントする際に、部門別に分けてデータとして記録するので、細かい郵便経費レポートが瞬時に完成し、帳簿に記帳する手間がなくなります。
「郵便局の申し込み」と「社内の経費管理 (部門別など)」、わずらわしい2度の集計作業を省くことできるうえ、正確な社内管理帳簿が簡単にできあがります。

社内すべての郵便物の一元管理が実現

特殊な発送物の料金を自動で管理できるのも、郵便料金計器の大きな特長です。一般後納や別納では発送できない『速達』、『書留』、『配達記録』の料金も、郵便料金スタンプをプリントすると同時にデータとして集計。
さらに、郵便料金計器で郵便料金スタンプが押された発送物はポストに投函※できるので、集荷の郵便局が時間外であっても発送することができます。
郵便料金計器は一通単位のハガキから大量の発送物まで、すべての郵便を対象とした一元管理が実現できるので、管理体制簡単に整備することができるのです。 ※日本郵便の一部オプションサービスを除きます。

後納の場合、差出表の作成はとても面倒です

後納郵便物を発送する場合、郵便局に郵便種ごとに集計した金額を記載した差出票も同時に提出する必要があります。
この差出票を作る作業は発送ごとに発生するので、その集計にかかる負担と時間は非常に大きなものになるでしょう。
さらに、経費管理に必要な社内用の帳簿をつくるために、再度、部門単位で集計をおこなわなければなりません。
つまり、大量の発送が月に一度だけだとしても、『郵便局の申し込み』と『社内の経費管理 (部門別など)』のために2度集計しなければならないのです。

後納郵便物では緊急時に対応できません

後納郵便物を発送するときは、日本郵便から承認を受けた事業所を使う必要があり、ポスト投函ができません。つまり、緊急の郵便に対応することができないのです。
また、『速達』、『書留』、『配達記録』などに対応していないので、特別な郵便を送ることができません。

小口現金や切手の管理に困っていませんか

後納郵便物で発送単位の集計をおこなうためには、社内での郵便受付の締め切り時間をつくる必要があります。
締め時間外の発送物には、「現金」や「切手」を使わなければならないので、社内から郵便用の金券を完全になくすことはできません。
そのため、常にさまざまな料金の切手や小口現金の保管管理をする手間も時間も必要となってくるのです。

小口現金や切手を削減できず困っていませんか

日本郵便の別納を利用する場合、郵便料金は発送ごとに「現金」または「切手」で支払う必要があります。そのため、常にさまざまな料金の切手や郵便用の小口現金を社内に置かなければなりません。
さらに、後納と同じで、郵便種ごとに集計した金額を記載した差出票も提出しなければならないのです。

別納では、社内すべての郵便物を管理することはできません

ダイレクトメールや案内状の大量発送が不定期なお客さまにとって、別納は便利に思われるかもしれません。大量発送のときだけ別納を利用すればいいのですから。
しかし、別納で対応できるのは、あくまでも一括発送。日常のちょっとした発送までカバーすることはできません。
なぜなら、別納郵便はポスト投函もできず、『速達』、『書留』、『配達記録』など特殊な郵便にも対応していないからです。つまり、別納の場合、社内すべての発送物の管理を一元化できないのです。

郵便料金計器 料金後納 料金別納 切手
利用通数制限 なし 毎月50通以上 同一料金で同時に10通以上 なし
ポスト投函 可能
※日本郵便の一部オプションサービスを除く
不可 不可 可能
※日本郵便の一部オプションサービスを除く
差出表の有無 なし あり あり なし
差出日付の表示 郵便料金計器によって
日付はスタンプされる
消印がないため
発送日不明
消印がないため
発送日不明
郵便局にて消印
郵便料金の管理 ボタン1つで自動算出
部門集計により、正確 簡単 スピーディに 管理可能
差出表の金額を照らし合わせて管理 差出表をまとめ、金額を照らし合わせて管理 あらゆる金種の切手管理が必要
料金の支払い方法 翌月20日までに現金、口座振替で支払い 翌月20日までに現金、口座振替で支払い 差出と同時に現金または郵便料金計器スタンプで支払い 現金のみ
セキュリティ パスワード機能あり
使用者の権限付与も可能
なし なし 金券扱いにより 保管管理が必要

お得 個性的な郵便物が作成可能

郵便料金スタンプと一緒に、広告やメッセージをプリントできる機能があります。
例えば、宛名面で新商品やイベントのご案内の掲載が可能になるだけでなく、封入物の緊急性や重要性をアピールすることも可能。
消印が押されないのでお客さまのデザインした郵便物のまま配達され、先進的な企業イメージを伝えることができるでしょう。

ピツニーボウズの郵便料金計器なら、オリジナルのメッセージやイラストもプリントすることができます。
また、会社封筒を用途に合わせてメッセージをプリントすれば、
1種類の封筒を使い分けられコストを節約することも可能です。

時節のご挨拶やご案内のプリントにより、コミュニケーションのきっかけをつくることができます

ピツニーボウズ スタンプ活用事例A
ピツニーボウズ スタンプ活用事例B

企業ロゴや広告などのプリントにより、他の発送物との差別化を図れるので注目度があがります

ピツニーボウズ スタンプ活用事例C
ピツニーボウズ スタンプ活用事例D

企業ロゴや広告は フルカラーでプリントすることもできます

ピツニーボウズ スタンプ活用事例I

在中物表示マークのプリントにより、発送物の送り主に重要性や緊急性を伝えることができます

ピツニーボウズ スタンプ活用事例E
ピツニーボウズ スタンプ活用事例F

在中物表示マークのプリントにより、発送物の送り主に重要性や緊急性を伝えることができます

ピツニーボウズ スタンプ活用事例G
ピツニーボウズ スタンプ活用事例H

会計処理を透明にして、「内部統制」への準備を 経費管理の簡略化

さまざまな郵便物に対応するためには、20種類ほどの切手を在庫として管理しなければなりません。
この場合、切手の貼り付け作業だけでなく、切手で郵便料金を管理するため、集計作業の負担が問題になってきます。そのほか、在庫を社内に抱えることから資金効率が悪いだけでなく、切手の不正利用の温床にもなりかねません。
しかし、郵便料金計器を導入することで、切手を貼り付ける手間がなくなるだけでなく、切手を管理するためのコスト(集計、帳簿作成に要する時間)も減らすことができます。
さらに、切手 = 現金を社内に置かないため、不正のリスクが低くなり経費管理の安全性が高まります。

登録スタッフとのダイレクトなコミュニケーションを実現 派遣会社での活躍

多くの派遣会社では、大量の郵便物の発送が主要業務のひとつになっています。
そのため、社内の発送業務を一括しておこなうメール室には、自動計量機能つきの大型計器、支店単位では小型の計器が導入されています。
派遣会社では、登録スタッフ向けに大量の書類を発送しますが、スタッフごとに種別や発送時期が異なるため、切手での管理や一般後納・別納では間にあいません。
タイムシートと返信用封筒の定期的な発送や、契約書、登録書により発送業務や経費管理が複雑なものとなりますが、この業務も自動計量機能つきの大型機によって、簡素化することができるのです。

差出表の作成業務をなくし管理コストを削減 一般後納・別納からの切り替え

切手以外の郵便発送方法として、日本郵便の一般後納・別納があります。こちらの処理でも郵便料金をまとめて支払うことができますが、種別ごとに集計された差出票を作成しなければいけません。
郵便量と種別が増えれば増えるほど、差出票の作成はわずらわしくなるものです。大量の請求書を一般後納や別納で処理している企業では、差出票を作るための集計業務に多くの時間が費やされ、通常業務の管理も難しくなります。
さらに、差出票用の集計以外にも、社内の経費用の集計も大きな負担です。郵便料金計器を使えば、この面倒な2つの集計業務が必要なくなるので、負担が少なくなり、管理コストが削減されます。
このような利点から、大量の郵便物を送る地方自治体や保険会社などで、一般後納から乗り換えを希望するお客さまが数多くいらっしゃいます。

切手をなくし郵便経費の一本化を実現 一般後納・別納からの切り替え

一般後納の場合は、集計のために毎日決まった時間に受付を締め切る必要があります。この締め時間以降に発生した緊急の郵便物については、切手を貼って送ることになるので、社内に金券を置いておく必要があります。
また別納は、切手や現金で日本郵便に支払うため、社内から金券をなくすことができません。
しかし、郵便料金計器で郵便料金スタンプが押された郵便物ならポスト投函もでき、緊急用に使う切手さえも社内に置いておく必要がなくなり、完全な郵便経費の一本化ができるのです。

全支社共通の郵便管理方法でコスト削減 小型郵便料金計器の大量納入

全国に数多くの支店を持つ大企業などでは、郵便料金を管理する業務を統一させるために、全支店で小型機を導入しているところがほとんどです。
同一計器による全支店共通の方法で郵便料金を管理することで、全社的な管理コストの削減に貢献しています。

製品・サービスに関するお問い合わせにつきましては、お電話またはお問い合わせフォームにて承っております。お気軽にお問い合わせください。

TEL:044-280-8591
(09:00~17:00 土日・休日・年末年始は除く)

夜間など受付時間外のお問い合わせはこちらのお問い合わせフォームをご利用ください。担当者より翌営業日にご連絡いたします。

お問い合わせフォーム
株式会社イグアスはピツニーボウズ社が取り扱う郵便業務ソリューション製品の国内初の販売代理店です。

PAGE TOP