Topics

【MOTTA】電動フォークリフト用バッテリーコストの大幅削減を実現するサブスクリプションサービスを開始

2020年04月24日
株式会社イグアス

イグアス
電動フォークリフト用バッテリーコストの大幅削減を実現する
サブスクリプションサービスを開始

株式会社イグアス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:矢花達也、以下イグアス)は、電動フォークリフト用バッテリーを「必要な期間」「一定コスト」で提供し、ユーザーの大幅なバッテリーコスト削減を実現するバッテリー・サブスクリプション・サービス(サービス名称:MOTTA-BSS)を2020年4月より提供開始します。

このサービスは、ユーザーが「バッテリーという製品を購入する」のではなく、「バッテリーが必要な期間の稼働を購入する」というコンセプトを、イグアスの鉛バッテリーの能力回復技術(特許取得)を活用して実現するものです。従来であれば新品バッテリーを購入する以外に選択肢がなかった状況でも、新品に近い能力を持つリユース鉛バッテリーを活用して、「必要な期間」の「必要な稼働」のみを購入することができ、ロスをなくし、効果的に大幅なコスト削減が可能となります。

ユーザーは、リフト車体のリース期間や期待寿命に対して、バッテリーのサイクル寿命が合わず、「過剰な投資」と分かっていながらも、新品バッテリーを購入せざるを得ないケースや、稼働率が高くない為、新品バッテリー購入を負荷に感じているケースなど、電動フォークリフト用バッテリーコストに関わる様々な課題を抱えています。イグアスが提供する「MOTTA-BSS」は、このように多様化する課題を包括的に解決します。

サービスの詳細はこちら:https://www.motta.tech/subscription

【サービスの活用例】

従来の課題:電池と車体のライフサイクルギャップ
従来の課題
MOTTA-BSS:無駄なくコスト削減
MOTTA-BSS

さらに、「MOTTA-BSS」には、予算の立てづらいバッテリーコストを固定化させる「拠点包括型プラン」や、バッテリー交換費用のかからない車体を貸し出す「車体一体型プラン」など、多様なユーザーニーズに合わせたプランが用意されており、先行導入頂いたユーザーから高評価を得ています。

"MOTTA"は、"もったいない" をコンセプトとしたブランド名。イグアスではこの"MOTTA"ブランドの下、特許を取得した「鉛バッテリーの能力回復」技術をコアに「バッテリー復元サービス」を2017年から展開、現在では同サービスを導入した企業の約9割がリピートするサービスに成長しており、今般新たに市場投入するサービス「MOTTA-BSS」は、これまで培ってきたノウハウをさらに進化させたもので、サービスにおいて提供されるバッテリーには、実績を重ねてきた「能力回復したバッテリー」を活用、これにより安価な提供が可能となるだけでなく、環境面では、バッテリー廃棄量の抑制やCO2排出量の削減など、SDGsの指針にも合致する効果が期待できます。
当面は、関東関西地域のユーザーを中心に展開していく計画をしております。


<お問い合わせ>

【報道関係の皆様】株式会社イグアス 広報:市川麻未
メール:iginfo@i-guazu.co.jp

【当製品・サービスについて】株式会社イグアス ビジネス開発事業部 MOTTA営業部:塚田
メール:n_tsukada@i-guazu.co.jp

パートナー契約をご検討の方、または取扱製品、サービスなどについてのご質問はこちらよりお問い合わせください。

PageTop