Topics

IBM Power Systems Virtual Serverのイグアス開発環境下で『Toolbox』の動作検証を完了

IBM社クラウド基盤『IBM Power Systems Virtual Server』のイグアス開発環境下で
開発・EDIソリューション『Toolbox』の動作検証を完了

株式会社イグアス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:矢花 達也、以下イグアス)は、日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、IBM)が提供する『IBM Power Systems Virtual Server』上のイグアス開発環境を活用し、国内で初めてIBM i(オンプレミス)のEDIソリューション『Toolbox』シリーズの動作検証に完了したことをお知らせいたします。(https://www.iguazu-sol.jp/isc/isc_case/c21020301

『IBM Power Systems Virtual Server』は、IBMがIBM i 同様のインフラ環境をクラウド上で提供するIaaS環境で、当社はその一部区画を所有しており、独自で日本語環境の検証を実施し、イグアス環境として提供しています。

今回の検証は、IBM i 上でJCA・全銀などのEDIネットワークを稼働する、最も実績のあるソリューション『Toolbox』シリーズの販売元である、ネオアクシス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山本 修司)が、IBM i のお客様のクラウド化を推進することで、各社のDX(デジタルトランス・フォーメーション)の加速を支援するため実施したものです。

また、イグアス提供のIaaS環境を活用することで、従来のIBM i の運用時と同じく日本語環境(一次言語:2962)での開発・運用が可能となり、国内でIBM i をご利用のお客様がクラウド利用で懸念されていた言語の壁を払拭し(※1)、安心して『IBM Power Systems Virtual Server』を活用したクラウド運用を行っていただける体制も整いました。※1.『IBM Power Systems Virtual Server』は通常、英語環境(一次言語:2924)で提供されています。

イグアスでは、今後も継続してIBM iに対応した多岐に渡るISV製品(独立系ソフトウェアベンター製品)の検証を予定しております。

尚、検証をご希望の場合は以下までご相談ください。

【お問い合わせ】

株式会社イグアス テクニカル推進部
e-mail:tech_soudan@i-guazu.co.jp

検証概要については当社ソリューションポータルに掲載しております。

ネオアクシス社が検証を実施した『Toolbox』製品は以下となります。

パートナー契約をご検討の方、または取扱製品、サービスなどについてのご質問はこちらよりお問い合わせください。

PageTop