ITディストリビューション事業

REPORT EYE エントリー版

アナリティクス

REPORT EYEは、IBMi上で動作し、リアルタイムにデータの照会・更新・分析が可能な誰でも簡単に使いこなせるレポーティングツールです。Webブラウザ上からデータ抽出、集計、分析、エクスポートなどの操作が可能で、使い慣れたEXCELへの直接データ連携も可能です。

製品概要

IBM iデータをリアルタイムにデータ照会

「必要なに」、「必要なに」、「必要なデータを」
簡単に取り出す

データ照会:実績照会や在庫確認に|クロス集計:日別・月別/品目別も作成

SQLの記述は不要。全社でのデータ活用を強力に支援!

導入メリット

  • データベースからリアルタイムで検索・照会
  • 欲しいレポートを簡単にメニュー化することで、利用者はワンクリックでデータを取得
  • WebブラウザーからExcelにエクスポート
  • 照会・ダウンロードだけでなく、更新・アップロード機能も提供
REPORT EYE
IBM iのデータを低コストで簡単にWebで情報共有!(使い慣れたEXCELも利用可)|専用サーバ構築の必要なし IBM i リソースをフル活用!

サポート体制

JBソフトウェア サポートサービス

1. バージョンアップ サービス
最新のプログラムをご提供します。
2. ヘルプデスク サービス
操作に関する質問、技術的な質問、問題切り分けに関する質問に対するメールでの回答
お客様専用IDにてWebサイトからログインすることで、ご利用可能です。|Webでの受付時間:365日24時間(回答などの対応時間は、月-金 9:00~17:00となります)

稼働環境

本番サーバー

サーバーOS IBM i V7R2 / V7R3
アプリケーションサーバー WebSphere 8.5.5.9(Base/Express)64bit
※インストール時のメディアも8.5.5.9をご使用ください。
WebSphere 9.0(Base)64bit
JRE:1.7.0 64bit / 1.8.0 64bit
管理データベース DB2/400(V7R2 / V7R3)

照会対象データベース

IBM DB2 for i 7.3
IBM DB2 for i 7.2

クライアント

Windows
クライアントOS/ブラウザ Microsoft Windows 10(32bit)/InternetExplorer 11, Microsoft Edge, Google Chrome, Mojilla Firefox
Microsoft Windows 10(64bit)/InternetExplorer 11, Microsoft Edge, Google Chrome, Mojilla Firefox
Microsoft Windows 8.1(32bit)(デスクトップUI)/InternetExplorer 11, Google Chrome, Mojilla Firefox
Microsoft Windows 8.1(64bit)(デスクトップUI)/InternetExplorer 11(32bit), Google Chrome, Mojilla Firefox
Microsoft Windows 7(32bit)(デスクトップUI)/InternetExplorer 11, Google Chrome, Mojilla Firefox
Microsoft Windows 7(64bit)(デスクトップUI)/InternetExplorer 11(32bit), Google Chrome, Mojilla Firefox
※InternetExplorer 10.0,11.0のモダンUIとGoogle Chromeでは印刷機能、定義設計機能は使えません。
※本製品のクライアントプログラムは32bitプログラムです。64bit OS上では32bitプログラムとして動作します。
※OSと同じ言語のブラウザーでご利用いただけます。
Excel
(Excelアドイン利用)
Microsoft Excel 2016(32bit, 64bit)
Microsoft Excel 2013(32bit, 64bit)
Microsoft Excel 2010(32bit)
※Microsoft Store版のExcelには対応していません。
Mac
クライアントOS/ブラウザ OS X 10.8/Apple Safari
※Safariでは印刷機能、定義設計機能はご利用いただけません。

価格

ユーザー数にあわせて下記の商品体系をご用意しています。

・ユーザー数は管理DBに登録できるユーザーIDの数でカウントします。
・利用者、設計者、管理者の区別はなく、全て1としてカウントします。

商品コード 商品名称
CV932701 REPORT EYE エントリー版 5User JSWSP 1年付
CV932711 REPORT EYE エントリー版 追加1Userライセンス JSWSP 1年付
CV932712 REPORT EYE エントリー版 追加5Userライセンス JSWSP 1年付
CV932713 REPORT EYE エントリー版 追加10Userライセンス JSWSP 1年付
CV932714 REPORT EYE エントリー版 追加20Userライセンス JSWSP 1年付
802WI3SP REPORT EYE エントリー版 5User JSWSP 1年
802WI4SP REPORT EYE エントリー版 追加1Userライセンス JSWSP 1年
802WI5SP REPORT EYE エントリー版 追加5Userライセンス JSWSP 1年
802WI6SP REPORT EYE エントリー版 追加10Userライセンス JSWSP 1年
802WI7SP REPORT EYE エントリー版 追加20Userライセンス JSWSP 1年

価格はすべてオープン価格です。
また、1年間のソフトウェア保守「JBソフトウェアサポートパック(JSWSP)」が付いています。
詳細につきましては営業担当者にお問合せください。

REPORT EYEのご利用事例/ご提案事例

お客様:ツチダ産業株式会社

リアルタイムにデータの照会・更新・分析が可能! 誰でも簡単に使いこなせるレポーティングツール

■ ご導入システム概要

システム構成イメージ

■ お客様のニーズ・課題

  • 以前のBIツールは、リアルタイムの業績確認が不可能だった
  • 一部の端末でしか資料作成ができず、IT戦略グループの負担が重かった
  • 引き出したいデータの抽出は順番待ちで、営業現場でのストレスが高かった

■ ご導入決定ポイント(機能面/運用面)

  • 操作がとても簡単で機能もシンプル
  • 導入コストが以前の約1/10で済んだ
  • RDBMSのDB2との接続性も高く、サーバー増設にも安心して対応可能
  • システム移行も短期間で可能

■ ご導入後のメリット

  • 経営層はリアルタイムに会社全体の売上、実績のチェックが可能になり意思決定のスピードが向上。
  • 全社員が自分で操作して、ほしい情報を入手できる体制になり、年間で数万時間の作業時間短縮に貢献。
  • 営業現場では在庫をその場で確認できるため円滑な受注が可能になった。

REPORT EYE 評価版ダウンロード/サポートサイトのご案内

■ 評価版ダウンロード

REPORT EYEの評価版は開発元のJBアドバンスト・テクノロジー株式会社よりご提供させていただきます。
下記URLからダウンロードください。
【評価版 ダウンロードページ】
 http://www.jbat.co.jp/trial/reporteye.html/

※JBアドバンスト・テクノロジー株式会社のサイトへ遷移します。

■ サポートサイト

ソフトウエアサポートにご加入のお客様向けに、ご契約製品に関する技術的な質問への回答、製品バージョンアップ対応をご提供しております。
【サポートサイト ログインページ】
 https://www.jbsw.jp/member/auth/SupportServlet?ID=D22

※ソフトウエアサポート契約ご加入のお客様専用の窓口です。ご不明点は、イグアスまでお問い合わせください。

パートナー契約をご検討の方、または取扱製品、サービスなどについてのご質問はこちらよりお問い合わせください。

PageTop