エスアイエナジー社と共同で「ReBS-レブス」の実証実験開始

2021年04月20日

『MOTTA』を活用した低コスト蓄エネソリューション「ReBS-レブス」の
実証実験をエスアイエナジーと共同で開始

株式会社イグアス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:矢花 達也、以下イグアス)は、エスアイエナジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松下 雅一、出光興産100%出資子会社、以下「エスアイエナジー社」)と共同で、鉛蓄電池の容量回復技術『MOTTA』を活用した、低コスト蓄エネソリューション「ReBS-レブス」の実証試験を開始したことをお知らせいたします。(https://www.si-energy.co.jp/2021/04/20/news-press/

再生鉛蓄電池単セル
【再生鉛蓄電池単セル】

「ReBS-レブス」は、再生可能エネルギー発電事業者が、発電した電力の自家消費や、2022年から開始が予定されているFIP制度下での売電に不可欠となる蓄電池を、低コストで提供し、BMS(バッテリー・マネジメント・システム)と組み合わせてパッケージ化したエスアイエナジ―社のサービスで、当社もその実現に積極的に貢献して参ります。

今回の実証試験では、MOTTAの復元技術を使用済みの非常電源用鉛蓄電池に転用、再生された鉛蓄電池のライフサイクル(期待寿命)に関わるデータの収集、放電適正値の把握や、ユーザーの使用環境に合わせた最適な運用をシステム化するために必要な要件を検証します。

コスト目標

再生可能エネルギー発電事業における蓄電には、リチウムイオン電池が活用されることが一般的ですが、その最も大きな課題は、高価な電池価格と循環を可能にするリサイクル技術が確立されていないことにあります。当社は、エスアイエナジ―社との共同実験を通して、MOTTA事業で培った技術を用いて容量回復を得た同蓄電池を、リチウムイオン電池の約10分の1程度の価格までコストダウンすることを目指します。

「ReBS-レブス」は、これからのグリーンエネルギー社会の実現に向け、意義あるソリューションになると考えております。当社では、これからの社会に求められる役割を担うべく、エスアイエナジー社と共に、実証実験を重ね、早期の市場投入を目指して参ります。

※FIP制度:再生可能エネルギー発電事業者が市場価格で電力を販売する場合、割増金(プレミアム価格)を上乗せする方式。売電単価に季節要因などの市場変動要素を加えることで、割増金分だけ売電単価を高く設定できる。


『MOTTA』は、"もったいない" をコンセプトに、当社の特許技術である「鉛蓄電池の容量回復テクノロジー」を活用したバッテリーソリューションを展開する事業で、その技術力はもとより、コスト、CO2両方の大幅削減を可能とするため、電動フォークリフト用バッテリー復元サービスにおいて物流業界を中心に高い採用実績を有しております。

MOTTA事業についてはこちら:https://www.motta.tech/

◆エスアイエナジー株式会社

出光グループ最大級の販売会社として全国各地のお客様に燃料油・LPガス等のエネルギー、及び潤滑油等を安定的な供給を実施。最高品質の商品・サービスをお届けするとともに、地球環境の保全のために、省エネをサポートする潤滑油や環境商材の普及にも力を入れている。
https://www.si-energy.co.jp/


【本件についてのお問い合わせ】株式会社イグアス ビジネス開発事業部 MOTTA営業部 TEL:04-7196-6901