『イグアス 総合クラウドサービス for IBM i 』提供開始

2021年05月12日

株式会社イグアス
IBM i ユーザーのクラウド化をサポート
『イグアス 総合クラウドサービス for IBM i 』提供開始

株式会社イグアス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:矢花 達也、以下イグアス)は、日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、IBM)が提供するシステム統合基盤「IBM i」(オンプレミス)をご利用のお客様を対象に、安心・安全・スピーディなクラウド化の実現に向けた、クラウド移行を一括でサポートする「イグアス 総合クラウドサービス for IBM i」(URL:https://www.iguazu-sol.jp/solutions/s05/c0502/cloud_ibm_i)を5月12日より提供開始します。

当サービスは、IBM i をご利用のお客様に向けて、IBMがIBM i 同様のインフラ環境をクラウド上で提供するIaaS環境『IBM Power Systems Virtual Server』(以下、IBM Cloud)へのクラウド移行をトータルでサポートするサービスで、クラウド移行に必要なプラットフォーム準備、クラウド基盤構築、アプリケーション導入、煩雑な契約手続きなどの全てを当社が一括で対応します。

近年、国内外で浸透するIT環境のクラウド化が推進される中、昨今の変化の激しいビジネス環境下においては、多様化する企業課題の解決を目的としたソリューション導入や、高い変化適応力を持つインフラシステム構築を目的としたクラウドサービスの活用が必須となりつつあります。
このような状況下に加え、IBM i をご利用のお客様においては、2020年10月にIBMが国内市場に向けたIBM Cloudの提供開始を機に、クラウド化が一層加速すると予測されています。

一方企業側の課題として、クラウド移行や運用に必要な人的リソース不足、設備環境が充分でない等、クラウド化の一手を踏み出せない状況があります。
イグアスでは当サービスの提供で、クラウド化に関わる移行・運用の課題を解決する他、日本語対応のヘルプデスクサービスを標準提供することで、移行後も安心してクラウド環境をご利用いただきながら、お客様の課題解決を目的としたシステム革新のサポートを行います。

今後はお客様にとっての利便性を重視したサービスメニューの強化と対応アプリケーションの拡充を図り、個々のニーズに最適なサービスを提供してまいります。


『イグアス 総合クラウドサービス for IBM i 』

■ 主な特徴

  • インフラ基盤構築、アプリケーション導入、アフターフォローまでトータルサポート
  • IBM Cloud利用時の煩雑な手続きを代行
  • 1つの契約で様々な分野のアプリケーションをご利用可能(※1)
  • クラウド管理を当社が代行
  • 移行後も安心!日本語のイグアスヘルプデスクサービス標準付帯
※1. 当サービスが対応するクラウドアプリケーション提供元
(株式会社アイエステクノポート/株式会社アグレックス/株式会社ヴィンクス/株式会社オムニサイエンス/株式会社ソルパック/株式会社ランサ・ジャパン/JBアドバンスト・テクノロジー株式会社/三和コムテック株式会社)

■ 利用料金
都度お見積りさせていただきます。

■ サービス内容
お客様の目的の応じ複数の選択肢をご用意。クラウド環境の提供から、アプリケーション、運用サポートまで対応。

サービス内容
※本サービスは弊社ビジネスパートナー様経由の販売となります。

<お問い合わせ>

【報道関係の皆様】株式会社イグアス 広報:市川麻未 メール:iginfo@i-guazu.co.jp

【当製品・サービスについて】株式会社イグアス ソリューション営業部 メール:sol_sup@i-guazu.co.jp